CHANELなどのハイブランド販売ショップ 業界No.1のノベルティグッズをリストUP│ブランドジャックリスト

ブランドジャックリスト

card_giftcard送料無料10,000円以上のお買上で送料無料

call0466-53-9739
schedule営業時間 - 9:00~19:00(年中無休)

シャネルブランドの創設者

ココ・シャネル

ココ・シャネル(Coco Chanel)

出生名:ガブリエル・シャネル(Gabrielle Chasnel)または

ガブリエル・ボヌール・シャネル(Gabrielle Bonheur Chanel)

1883年8月19日 – 1971年1月10日

ウーマン・リブ的な「古い価値観にとらわれない女性像」がブランドポリシーとして20世紀初頭からフランスのファッションデザイナーとして活躍し、一時的な活動停止を経て、その死に至るまで世界の代表的なファッションデザイナーであり続けた。

彼女のデザインは女性の社会進出が進んでいた当時の世相と適合し、世界のファッションスタイルに大きな影響を与えた。

自立した働く女性のためのジャージ素材、ツイード素材の導入、日常生活における利便性とファッション性を両立したスーツ、喪服用途であった黒い服をリトル・ブラック・ドレスの概念の普及など、彼女がファッションに残した遺産は現代のファッションにも多大な影響を残しており、これらを通じてスポーティー、カジュアル・シックな服装が女性の標準的なスタイルとして確立されたとされている。
さらにオートクチュール高級婦人服の枠組みを超えて影響力を広げ、コスチュームジュエリー、ハンドバッグのデザイン、香水の制作も行った。香水のシャネルNo.5は彼女を象徴する製品となった。また彼女自身がデザインした有名な「C」を2文字組み合わせたモノグラムは1920年代から使用されており、現在でもシャネル社のシンボルとなっている。

ココ・シャネルの生い立ち

幼少期

1883年8月19日、ガブリエル・ボヌール・シャネルは、フランスのメーヌ=エ=ロワール県ソーミュールの修道女会が運営する慈善病院で、母ジャンヌと父アルベール・シャネルの第二子として生まれた。ガブリエル・シャネルの出生届には「Chasnel」と姓の綴りが間違って登録された。

ブリーヴ=ラ=ガイヤルドで、二男三女の兄弟と両親が一部屋だけの住居に一家は暮らしていた。ガブリエルが12歳の時に母ジャンヌが結核により死去した後、父アルベールは息子2人を農場労働者として送り出し、娘3人は孤児院に預けた。孤児院での生活は、厳格な規律が課せられる厳しく質素なものであったが、ここで裁縫を学んだことは、彼女の後の仕事につながる経験であった可能性がある。だが、シャネル本人が孤児院での生活や幼少期の真実を語ることはなかった。

舞台オーディション

18歳になると彼女はムーランの町のカトリック女子寄宿舎に預けられたが、孤児院で6年間裁縫を学んだシャネルは仕立て屋で職を見つけた。そして副業として騎兵将校の溜まり場となっていたキャバレーで歌を歌ってもいた。彼女が「ココ(Coco)」という名前を得たのはこの頃である。彼女が夜にこのキャバレーで歌う時、しばしば歌った歌が「ココを見たのは誰?(Qui qu’a vu Coco ?)」から来ていると考えられている。ココは売れっ子であったが、田舎の舞台での脇役は彼女を満足させるものではなく、都会のより本格的な舞台の上で活躍することを目指すようになっていた。

1906年、シャネルは温泉リゾート地ヴィシーに向かった。彼女はそこで芸能人として成功することを夢見た。しかし、競争の激しい土地で実績のない人間には機会はほとんどなかった。シャネルは幾度かのオーディションを受けたが、その容姿こそ評価されたものの歌声に対する評価は低く、舞台の仕事を得ることはできなかった。

ふたりの男性

エティエンヌ・バルサン

ヴィシーに出る前、ムーランでシャネルはフランス軍の元騎兵将校かつ繊維業者の息子であるエティエンヌ・バルサンと出会った。バルサンは多大な資産を抱え、またプレイボーイで鳴らしていた人物であった。シャネルが23歳の頃、彼は遺産を使ってシャトーを購入し、そこで競走馬の育成を始めた。この計画を聞いたシャネルは同行を望み、バルサンの愛人となってロワイヤリューで生活を始めた。そこでの生活は自堕落なものであった。バルサンの富によってシャネルはパーティーでの歓楽、美食に溺れることが可能となった。バルサンはシャネルに「豊かな生活」ダイヤモンド、ドレス、そして真珠を浴びせかけた。

バルサンはシャネルを社交界の場に立たせようとはしなかったが、競馬狂いであった彼の下でシャネルは乗馬を学び、馬に熱中した。この経験は後のシャネルのデザインに影響を与えている。当時のフランスでは、富裕な女性の服装は装飾豊かでボリュームのあるものが流行しており、ロングスカートやつば広帽子などで着飾った姿は富と地位を証明するものだった。乗馬は上流階級の婦人たちも行うもので、乗馬時の服装もロングスカートが普通で横座りで騎乗しなければならなかったが、シャネルは現地の仕立て屋に自分の体形に合わせて乗馬用のズボンを作るように求めた。これはズボンが明確に男性用のものであった当時としては突拍子もない話だった。

アーサー・エドワード・ボーイ・カペル

シャネルとアーサー・ボーイ・カペル

1909年、シャネルはバルサンの友人の一人であるイギリス軍大尉のボーイ・カペルと関係を持ち始めた。カペルは富裕なイギリスの上流階級で、シャネルをパリのアパルトマンに住まわせ、彼女の最初の店舗の資金援助をした。カペルの服装のスタイルがシャネルのデザインセンスに多大なる影響を与えたと言われている。シャネルは彼と身を落ち着けることを望んでいたものの、カペルが彼女に対して誠実であったことはなかった。二人の関係は9年間続いた。カペルがイギリスの貴族と結婚した後でさえ、カペルはシャネルとの関係を完全に絶つことはなく、シャネルとの密会に向かう途中でカペルが自動車事故で亡くなる1919年まで続いた。

バルサンと暮らしている間、シャネルは主にバルサンの家に出入りする女性たちのために帽子をデザインしていた。当初これは暇つぶしのようなものであり、また当時の流行と比較して極めてシンプルなシャネルのデザインは一種のアート表現であるように捉えられたが、帽子の人気は高まっていく。

1910年、バルサンの援助とカペルの説得を受けた彼女は婦人用帽子職人のライセンスを取得し、ヴァンドーム広場に近いパリで最もファッショナブルな地区のカンボン通り21番地に帽子専門店のブティック「シャネル・モード」を開店した。

ココ・シャネル(1910年頃)

ブティックの開店と飛躍

1913年、シャネルはカペルの資金援助でリゾート地ドーヴィルの中心にあるファッショナブルな通りに第1号の高級注文服モードブティックを開店し、レジャーやスポーツに適した豪華でカジュアルな服装を打ち出した。ジャージーやトリコットの生地で作り、帽子、ジャケット、セーター、そしてブラウスを販売した。

ドーヴィルにて「トリコット・アンサンブル」(1913年)

1914年、第一次世界大戦が開戦。その年の夏ドーヴィルに避難していたは、数か月だけ病院で送還されてきた負傷兵士の看護師になっていた。 パリから次々と運ばれてくる負傷兵たちの介護をするのはブルジョワ階級の女性たちだった。この光景を見たシャネルは甲斐甲斐しく良く動く女性たちに着せようと動きやすいジャージー生地でブレザーコートを仕立てた。

1915年、ビアリッツに本格的な店舗「メゾン・ド・クチュール」をオープンして翌年コレクションを発表し大成功を収める。シャネルはオートクチュールのデザイナーとして本格的にデビューする。パリ、ドーヴィル、ビアリッツ、3軒のファッションハウスのスタッフは 300人に及んだ。

ビアリッツでシャネルは追放されたロシア貴族のドミトリー・パヴロヴィチ大公と出会った。シャネルと大公はロマンティックなひと時を過ごし、その後何年もの間密接な関係を維持した。

1916年、第1回シャネル・オートクチュール・コレクションを発表。通常男性の下着とされていたジャージ素材で、安くシンプルで着心地がよく、無駄のない、ドレスが話題となる。

1918年、第一次世界大戦が終戦。 シャネルは事業を拡大し、同じカンボン通りの31番地に新店舗を開店した。1919年までに職業を「クチュリエール」として、この店舗を「メゾン・ド・クチュール」として登記。戦期にミリタリー・ルックを取り入れたのはシャネルだった。

1919年、シャネルは詩人ピエール・ルヴェルディと、交際を始めた。ルヴェルディとの交際はシャネルにとって思い出深いものであったらしく、晩年に虚言癖が強くでるようになった頃のシャネルでも素直にその名前を出すことのできた人物として、アーサー・カペルとならんでルヴェルディを挙げている。しかし、ルヴェルディはカトリック信仰の道に傾斜するに従い重要な関係は終わった。

ココ・シャネル(1920年)

1921年、本店をカンボン通り31番地に移転。調香師のエルネスト・ボーにより、シャネル初の香水「No.5」を同年の5月5日に発売。数字の「5」に縁起を担いで発売をこの日にしたと言われている。「No.5」の名前は試作品番号から取られた。 現代的なブティックを目指す彼女は香水のほか、衣服や帽子に合ったアクセサリーを、次いでジュエリーや化粧品なども販売するようになった。敷地もさらに拡大し、1927年までに、カンボン通り23番地から31番地までの一画に相当する5件の不動産を保有した。

シャネルの香水「No.5」

1923年、シャネルに最上級の英国貴族社交界に加わることを認められた。これは政治家や貴族、および王族ら、重要人物を中心に運営されているエリートのグループであった。

1924年、当時40歳のシャネルは大富豪であるウェストミンスター公を紹介され、彼はシャネルに豪華な宝石、高価な美術品、ロンドンの有名な高級住宅地メイフェア地区にある邸宅を気前よく与えた。関係はゴシップ誌に結婚を噂されるほどのものになり、ウェストミンスター公自身もシャネルに仕事を辞めてパートナーになることを求めていたが、シャネルが結婚することはなく彼との関係は10年続いた。王太子プリンス・オブ・ウェールズ エドワード8世にも紹介され、エドワード8世はシャネルに惚れ込みシャネルとウェストミンスター公の関係を知りつつ彼女を追いかけた。

1926年、「リトル・ブラック・ドレス」と呼ばれるチューブ・ラインの黒いドレスを発表する。この当時は、黒い服はせいぜい未亡人が喪に服する期間くらいだったが、普段使いすることは世の中を驚かせる出来事だった。モード界で「個性を引き出す強い色」として黒一色でまとめたドレスを発表し、喪服のイメージから『最も無難で最もシックな永遠の流行の先端の色』として変えてしまった。

マリニエールにパンタロンズボン姿のシャネル(1928年)

ハリウッド映画の衣装

1931年、シャネルはハリウッドに2年間スターたちのための衣装デザインを依頼された。しかし、ハリウッドにおけるシャネルのデザインは成功したとは言えなかった。シャネルのデザインは映画界の大物たちにとっては派手さが足りなかったのだろうと推測している。しかし、シャネルがハリウッドで仕事をしたこと自体は大きな宣伝効果を発揮しており、また彼女はハリウッドの映画産業から「写真映り」の概念を学び取り、以降の仕事において配慮するようになる。

ライバルとの競争

1935年までにシャネルのクチュール大きな利益をあげていた。しかし1930年代の間にオートクチュールの王座におけるシャネルの地位は脅かされるようになった。最大のライバルであったエルザ・スキャパレッリがシャネルを上回る評判を呼んだことである。
強力なライバルの出現、1936年にフランス全土で発生した大規模なゼネストによる従業員の反乱に加え、この時期のシャネルはスランプにも悩まされていた。

リトル・ブラック・ドレス姿のシャネル(1937年)

第二次世界大戦

1939年9月、第二次世界大戦が始まった。戦争が始まると、シャネルは突如、香水とアクセサリーのブティックだけを残してカンボン通り31番地の作業場(アトリエ)を閉鎖。お針子全員を解雇した。この行動は強い批判を浴びたがシャネルは断固として再開を拒否した。

シャネルは戦間期の間、政治的・文化的に大きな影響を残す人々と様々にかかわった。この頃に彼女と関係をもった恋人や友人の中には彼らの死まで交友が続き彼女に影響を与え続けた人物もいる。彼女がパリに購入した自宅には友人たちが出入りし、その中にはディアギレフの他、当時パリにいたパブロ・ピカソやジャン・コクトー、シャネルの最も親しい友人となるミシア・セール、シャネルの恋人となり行動・精神面で大きな影響を残す詩人ピエール・ルヴェルディ、そして同じく深い恋愛関係を築いたイラストレーターのポール・イリーブらがいた。また、彼女はイギリスの貴族との関係を通じてイギリスの上流階級と交友を持つようになった。

1940年、ドイツがフランスを占領中、シャネルはドイツ軍人たちが好んで居住先に選んだホテル・リッツに住んだ。

シャネルに対する告発

1944年9月、パリ解放の2週間後にシャネルはホテル・リッツで逮捕され、フランスの粛清委員会に尋問された。戦時中、シャネルはドイツのスパイ活動に関与していたからだ。しかし数時間でシャネルは解放された。これほど早く解放された理由は「極めて有力な人物のコネ」があったからであると考えられる。

1944年にフランスが解放された時、シャネルは自身の店のウィンドウに全てのGIにシャネルNo.5を無料で提供すると書いたメモを残した。この最中、彼女はナチスの諜報活動に協力したことで犯罪者として告訴されるのを避けるためスイスに亡命した。

1949年、パリに来て捜査官たちの前に立つように要求されたシャネルは、戦争犯罪裁判で彼女の活動について示された証言に立ち向かうため亡命先のスイスを離れた。シャネルは全ての告発を否定した。

戦後の生活とキャリア

1947年、戦後はクリスチャン・ディオールのニュールックで成功を収めた。そしてディオールの他にも優れた男性デザイナーが認められ、シャネル は女性が第一のクチュリエとして君臨した戦前とは異なり、戦時中に活動を停止しさらに対独協力の過去のために表立った行動がとりづらかったためファッションに影響を与えられる状況になかった。

1954年、パリの解放後10年を経てカンボン通りの閉鎖店舗を再開。70歳を過ぎたシャネルがファッション界に復帰しオートクチュール・コレクションも復活させる。既に彼女がファッションの表舞台を引いてから15年もの時間がたっていた。新作の発表とともに新たに店を開いた時、そこに集まったのは年配ばかりで若い女性はほとんどいなかったが、シャネルの復権にそう長い時間は必要とされなかった。発表時フランスで酷評されたドレスは1年後にはアメリカで爆発的な人気を得てふたたびファッションデザイナーとして成功し世界的に普及した。

ココ・シャネル(1970年)

晩年

老境に入ったシャネルは衰え、病を患っていた。夜間は夢遊病の症状が見られるようになり、眠ったまま部屋の中で立っている姿が見かけられるようになっていた。
1971年1月10日、30年以上居住していたホテル・リッツで息を引き取った。葬儀はパリのマドレーヌ寺院で執り行われた。彼女のファッションモデルたちが最前列の席に陣取り、棺は白い花(ツバキ、クチナシ、ラン、ツツジ)そして少量の赤いバラで飾られた。
墓はスイス、ローザンヌのボワ=ド=ヴォー墓地にある。

シャネル亡き後

1975年ごろから1983年まで、メゾンは彼女のアシスタントデザイナーらによって引き継がれる。しかし結果としてメゾンは低迷期と評される時期に入る。

1978年、プレタポルテ(高級既製服)のラインを新設。

カール・ラガーフェルド

カール・オットー・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)

本名:ラガーフェルト(Lagerfeldt)ですが、売れやすいようにという理由で、

意図的に「t」を抜いた(Lagerfeld)としている。

ドイツ・ハンブルグ生まれ。

1933年9月10日 – 2019年2月19日

 

シャネル、フェンディ、シグネチャーブランドのヘッドデザイナーあるいはクリエイティブ・ディレクターを務め、様々なファッション・アートのプロジェクトで業績を残したファッション界の重鎮。ポニーテールの白い髪・暗い色のサングラス・襟の高い細身のジャケットとシャツに、アメリカのブランドクロムハーツのジュエリーを身につけるのがトレードマーク。

 

1982年、シャネルと契約。経営状態を立て直すためにカールにデザイナー職のオファーがなされたが、その当時に低迷したブランドを再興するという考えは一般的ではなく、カールは多くの友人からその契約を結ぶべきではないと忠告された。結局シャネルからの2度目のオファーをうけたカールは、1983年のオートクチュールコレクションを発表。続く1984年からはプレタポルテと協業を開始。シャネルのスタイルを守りながら、時代の空気を取り入れた新しいシャネルを提案し、創業者亡きあとの低迷からハイブランドとして復活させた。

2019年2月19日、30年以上にわたりシャネルのアーティスティック・ディレクターを勤め、前日まで仕事をしていたカール・ラガーフェルドが膵臓癌のため息を引き取った。

ヴィルジニー・ヴィアール

ヴィルジニー・ヴィアール(Virginie Viard)

フランス・ディジョン生まれ。

1962年 –

 

カール・ラガーフェルド死去と同日の2月19日、シャネルはヴィルジニー・ヴィアールを後任デザイナーに指名し、即座に就任した。それまでシャネルでの役職はクリエイティブ・スタジオ・ディレクターだった彼女は、ラガーフェルドと「私の右腕であり、左腕でもある」と言わしめるほどの強い信頼関係を築いていた。

ファッション・コレクション部門のアーティスティック・ディレクターとしてオートクチュールとウェア、そしてアクセサリー部門を統括する。

2019年5月3日、シャネルの2020年クルーズコレクションをパリで発表。初めて単独でデザインしたコレクションだった。これまでのメゾンが目を見張るような豪華なセットに比べると控えめに抑えられたランウェイを、よりソフトに女性らしさを加えたウェアを着用したモデルたちが歩いた。

2000年代以降は「メティエダール・コレクション」と呼ばれる職人の手仕事にフォーカスしたコレクションを開始。オートクチュール、プレタポルテ(それぞれ年2回)、クルーズコレクションで年間6回のコレクションを発表している。

2021年5月4日、リゾートコレクション2022を発表した。フランスの詩人、劇作家、映画監督であり、ガブリエル・シャネルの友人であったジャン・コクトー。ヴィアールも大好きだという、彼の映画『オルフェの遺言』(1960)の舞台となった、フランスで最も美しい場所と称されるレ ボー=ドゥ=プロヴァンスの「キャリエール・ドゥ・リュミエール」でショーを開催した。

 

”永遠に続く”CHANELの歴史・・・これからの未来はどうなるでしょうか⁈